賃貸契約手続きの流れ

詳細を確認して興味のあるお部屋は積極的に内見へ行ってみましょう。
資料・図面で想像していたお部屋と実際に見たお部屋とではイメージが違うということもあります。
そんなことがないように、実際にお部屋を見て、気になることは質問しましょう。
また、周辺環境もお部屋探しの大事なポイントです。
複数候補を内見して他と見比べ、自分にぴったりの物件を決定します。

内見をして気に入った物件を決めたら申し込みをします。
「入居申込書」に住所・氏名・勤務先・年収・勤続年数などの必要項目を記入し、正式に申し込みます。
この申込内容をもとに貸主側による入居審査が行われます。

入居審査が通ったら、不動産会社の担当者から「重要事項の説明」を受けます。
これは、対象となる建物の仕様や契約の内容を確認をするもので必ずこの説明を受ける必要がございます。
重要事項説明とは申し込みをした不動産業者に従事する宅地建物取引士から重要事項説明書をもとに対面での説明を受けます。

不動産会社に指定された契約書類に必要事項のご記入、ご捺印をしてください。
契約書類の提出は、直接店舗にお越しいただいても郵送で書類をお送りいただいても問題ございません。
契約書や必要書類を提出し、入居に必要なお金をお支払をしてください。
ご入居迄に、電気、水道、ガス、電話等の開栓手続き、転居、転入の手続きを実施してください。
尚、ガスの開栓には立会いが必要です。

入居日に店舗にお越しいただいて、直接鍵を受け取ります。
いよいよ新生活スタートです!
新しいお部屋に新しい家具。
なにもかもが新しく、自分で選んだお部屋から始まる新生活に胸が踊ります。