賃貸用語集

ア行


RC造
(鉄筋コンクリート造)
柱や梁などの主要構造部に鉄筋の入ったコンクリートを用いたもの。 重量が重いが、遮音性に優れ、熱容量(熱をためる能力)が大きいので暖まりにくく冷めにくい (内部の温度変化が少ない)という特徴があり、耐火性にも優れている。
アイランド型キッチン 調理台や流し台を壁から離し、島のように 壁から独立させたキッチンのレイアウト。
一般媒介契約 不動産の売買・賃借を不動産業者に依頼するときに結ぶ契約の一種。 依頼者が複数の宅建業者に重複して依頼できる媒介契約。
ウォークインクローゼット 歩いて入るほどのスペースがあるクローゼット。衣類を多く収納できる。 間取り図ではWICまたはWCLといった記号で表記されている。
エントランス エントランス建物の入り口部分のこと。 マンションでは正面玄関の部分をエントランスホールという。
エレベーター 人や荷物の運搬を目的として作られた昇降用の設備。 間取り図にはEVと略されて表記。
エクステリア 建物の屋外や外回りにある、 門扉、塀、物置、カーポート、フェンスなどの設備のこと。 「エクステリア」は、空間や環境という概念で用いられ、 インテリアのように装飾的な意味合いを含んでいる。
追い炊き機能 お風呂のお湯が冷めてきたら沸かし直せる機能。 家族数が多く、入浴時間帯がバラバラの場合には大変便利な設備。
オートロック ドアを閉めると自動的にロックする錠。 入居者がロックを解除しないとマンション内に入ることができないので、 不審者などの侵入を防ぐことができる。
オートバス 追い焚きや保温、一定量の湯を浴槽に張ったり、予約やタイマーによる 自動給湯などの機能を備えたシステム付きバスのこと。 キッチンなど浴室以外からでも操作できたり、 インターホンで浴室外と会話できたり、湯量が減ると設定した量まで自動的に湯を足してくれるものや、 多くの便利な機能を搭載されているものもある。
オープンスペース マンションの敷地内に設けられる広場などの広いスペースのこと。 遊び場、遊歩道、公園など住人の憩いの場として活用される。
温水洗浄便座 シャワーでお尻が洗える機能のついた便座のこと。 水量や角度などが調節でき温風が出て乾かせる。
オール電化 冷暖房・ガスコンロ・給湯器など加熱に関する設備の熱源を電化したシステム。 安全面や熱効率に優れる。深夜電力を利用すれば、ランニングコストを抑えられる。

カ行


カウンターキッチン(対面式キッチン) ダイニング側からも利用できるカウンターが付いたスタイルのキッチン。 調理や配膳・後片付けの作業効率が良い。お互いの状況が把握でき、会話も可能。
貸主 不動産取引においては、取引態様の一つとして「貸主」という用語が使用される。 この取引態様としての「貸主」とは、「賃貸される不動産の所有者」 または「不動産を転貸する権限を有する者」のこと。 貸主には家賃を回収する権利がある一方で、借主に対して様々な法的義務を負う。
管理会社 貸主から物件の管理等を委任されている会社のこと。 入居後のトラブル対応や解約予告などは、仲介会社ではなく管理会社が窓口となる。 解約予告も管理会社へ連絡する必要がある。
管理費(共益費) 賃貸の集合住宅等で、家賃とは別に毎月支払うもので、 借家人が共同で使用したり、利用する設備や施設の運営および 維持するために要する費用である。 例えば、廊下の電灯の交換、エレベーターの保守管理費、 外壁の修繕など、建物の維持等に使われる。
共用部分 マンションなどでの専有部分以外のスペース・設備のこと。 玄関口、階段、ベランダ、エレベーター、廊下などが該当。
契約期間 一般的に首都圏では賃貸契約期間は2年間。期間後は更新手続きを行う。
原状回復 借りていた物件を契約前の状態に戻すこと。賃貸借契約終了時に、賃貸人に対して明け渡しの義務を負っており、明け渡しの際に借りた時の状態に現状復帰する義務を同時に負っている。 通常使用の範囲内での自然消滅、経過年数については回復の必要はない。
更新料 更新料とは、地域や物件により、1~2年の契約更新ごとに発生する 賃貸借契約の期間更新をするときに支払う料金。 目安は家賃の1ヵ月分前後。 仲介会社を通している場合は別途、更新手数料が必要なこともある。

サ行


即入居 賃貸契約後、すぐに入居可能になる事。 または物件の賃貸契約完了後に即日入居することが可能な状態。家賃は契約が完了したその日から発生する。
SR サービスルームとは、納戸やフリールームのこと。 窓が無いなど居室としての採光基準や換気基準を満たしていない部屋状の 収納スペース事で、主に荷物の収納部屋等に利用される。 間取図などで「S」や「N」と略されることもある。

タ行


宅配BOX 宅配便を不在時にも受け取る為に設置されているBOX。マンションなどのエントランス内に設置されている場合が多い。
ダブルロック 玄関・扉で2ヵ所に鍵を設置していること。 ピッキングなどでの住居侵入を防止する、防犯効果をもつとされる。
ディンプルキー ディンプル(窪み)を利用したリバーシブルに抜き差し可能な鍵で、 鍵の複製が非常に難しい作りとなっていて、 セキュリティ対策として導入する物件が増えている。
テラスハウス 一戸建てを連続させた、低層の連棟式集合住宅。 1・2階を利用できるので専有面積も広めになることが多い。 テラスハウスは敷地を分筆して各戸がそれぞれに所有権を持つのが一般的。
デザイナーズマンション 建築家やデザイナーが企画・統計する、デザイン性をセールスポイントにしたマンション。 意匠を凝らしたものや、価値観の多様化、ライフスタイルを提案するものなど、 従来の画一的な住宅イメージを打ち破るものが多く、人気を呼んでいる。
TVモニター付ドアホン 部屋にあるTVモニターのついたインターホンから玄関、またはオートロックのあるエントランスに訪れた人を確認できるインターホン。 防犯のため、ひとり暮らしの女性や高齢者に特に人気がある。
トランクルーム 住戸とは別にマンションの住戸の玄関脇や地下、別棟などの共用部分になど設置してある大き目の収納庫。 使用料の有無は物件により異なるので確認が必要。

ナ行


入居審査 貸主またはその代理人が賃貸契約の締結に先立って行なう作業である。 入居希望者を貸主・不動産会社・審査会社が入居可能か 様々な条件に当てはめて審査すること。
2人入居可 2人・もしくはそれ以上で入居することを許可している賃貸物件の表記。 現状の契約書の多くは、家族ではない人との同居や借りた部屋を 貸すことなどを禁止されている。 そのため、一人暮らし用の物件で勝手にルームシェアはできない。 ただ、物件案内に「2人入居可」の表記がなくても、 実際には許可している物件もある。
24時間セキュリティーシステム エントランスや廊下などの公共部分に防犯カメラやセンサー、 通報機を設置して24時間常に監視するシステムの通称。 非常事態を感知する機器類には、防火カメラや各種センサーなどが用いられる。 異常が発生した場合、自動的に警備会社や管理事務所に通報される。

ハ行


バリアフリー 高齢者や身体の不自由な人などが生活しやすいように造られた建物や庭の設計。バリアフリー住宅と呼ばれる。例えば、床の不要な段差をなくしたり、廊下のスペースに余裕を持たせたり、 手すりや階段の横にスロープを設置されている構造のこと。
バルコニー 住居の外壁からせり出す形で備え付けられたスペースの総称。屋根が付くとベランダというのが一般的。
フリーレント 家賃が一定期間無料になること。フリーレントの期間は1ヵ月とする物件が主流だが、2ヵ月以上の物件も見られる。期間終了後即退去はできない。
防犯カメラ 防犯用として敷地、建物内に設置するカメラのこと。 エントランス部分やエレベーター、廊下などの 人の出入りが多い場所に設置されることが多い。
分譲賃貸 販売目的で建てられたマンションを、賃貸利用させる物件のこと。一般的な賃貸住宅に比べ、長く移住するため、構造や機能性が優れているものも少なくない。 管理規約が適用されるほかは、普通の賃貸住宅と同じように住むことができる。
ペット可・相談 賃貸物件のうち、ペット飼育が可能、あるいは相談次第で可能な物件の表記。 なお、ペット可であっても条件付きで可能というものがほとんど。 例えば犬の場合、小型犬ならばOKでも大型犬はNGなど、 細かな制約があるケースも存在する。 必ず事前にペットの種類や匹数などの飼育条件を貸主に確認しておくことが必要。
保証人不要 契約するにあたって連帯保証人が不要な物件のこと。 連帯保証人とは契約者が突然病気になったり、仕事を失ってしまったり、 何らかの事情ができた場合に責任を負う人のこと。 例えば、契約者が家賃を滞納すると大家さんから保証人にも家賃の請求がいくことになる。

マ行


間取図 賃貸物件の部屋の広さ、配置などをわかりやすく確認する為の平面図。 ドアの窓の閉会方向や、和室の配置や、収納の有無など、 詳しく部屋の様子をイメージできる。 不動産屋の店頭で物件を見ていく時によく目にするものの一つ。

ヤ行


ユーティリティー(UT) 家事作業のために利用される設備があるスペースのこと。洗濯機置き場がある洗面所や、アイロン、ミシン、食器棚、食料品貯蔵庫など置かれ、 キッチンや浴室に接続したり、作業を効率的に行うための工夫がされている。
床下収納 キッチンや洗面室などの床下に設けられた収納庫のこと。 キッチンでは缶詰やビン類、普段使わない食器や調理器具など、 洗面室では洗剤やシャンプー類などのストック品を収納できて便利。 ほかの居室にも設置することが可能で、近年は和室にも設けられることがあり、 畳を開閉して布団や枕を収納します。
床暖房 温水循環や、電気発熱体で、床を加熱し、床から放射される輻射熱で部屋を暖めます。 エアコンなどに比べて乾燥もなく室内が均一に暖まりやすい。
ユニットバス(UB) 浴槽・床・天井・洗面台などが一体化しているスペース(浴室)。 システムバスとも呼ばれる。間取り図では「UB」と書く。
UR賃貸 UR賃貸住宅とは、都市再生機構(UR都市機構)という独立行政法人が 管理している公的な賃貸住宅のこと。全国に約74万戸あり、そのなかには従来の公団住宅のほか、 最新設備を備えたハイスペック住宅も含まれている。
浴室換気乾燥機 主に浴室の天井に設置され、浴室内の空気を乾燥させ、 湿気を取り除いたり洗濯物を乾かす設備のこと。 浴室内のカビの発生を防ぎ、雨天でも洗濯物を乾かせて便利。。

ラ行


リフォーム 建物の古くなった箇所の修繕や新設備を据え直し、改装すること。 増築や間取り変更など居住スペースを大規模に変更するものから、 室内の模様替えまでを広く「リフォーム」と呼んでいる。
リノベーション 既存の建物の用途や機能を変更・更新し、性能を向上させること。リフォームというのは、時代に合った内装や外装にしたり、設備などを新しくするが、リノベーションはそれに加え、 「性能を向上させる」、「価値 を高める」という点にも重点を置いている。
ルームシェア 他人と部屋をシェアする、一般の賃貸物件で同居人と共に暮らすスタイルのこと。 家賃や光熱費の負担を抑えることができるのがメリット。
礼金 部屋を所有する大家さんに対して、お礼の意味として支払うお金。 敷金と違って、退去時に返金されることはない。最近では礼金なしの物件も増えている。家賃1カ月分が目安。
連帯保証人 賃借人が家賃を支払えなくなった場合など、賃借人に成り代って責任を負う人。 責任は重く、貸主から請求があればすぐに応じる義務がある。 家賃のみではなく、利息、違約金、損害賠償金にまで責任が及ぶ。